おすすめの間取りをご紹介します!

おすすめの間取りの参考事例

おすすめの間取りの参考事例 部屋以外の間取りをどう考えるか?
例えば廊下。
最近のマンションでは限られたスペースを効率的に使うため、ここを極力なくして部屋に使えるスペースが最大限広く確保できるよう試行錯誤されています。
確かに具体的な用途もないのでなければないほどいいと考えるのもごもっともですが、自分の理想とする生活スタイルによってはその限りではありません。
参考例としては、小さい子供がいるがなるべく静かに過ごす時間欲しい場合。
このような望みがある時おすすめな間取りが、廊下がほとんどない構造ですと、必然的に全てのベッドルームがリビング直結、または良くても隣接する構造となってしまいがちです。
ですので、この場合は、廊下を長く確保することでリビングと隣接しない部屋を設けやすくなります。

部屋の間取りは家族で話し合いの上で決めるのがおすすめ

部屋の間取りは家族で話し合いの上で決めるのがおすすめ 家を新築するときに、部屋の間取りを決めるので頭を悩ませている人は多いかもしれません。
あとから、もっとこうすればよかったといった意見もみられるため、なるべく慎重に決めたいところではありますが、家族全員で話し合って決めることで後悔をせずに済みます。
これは、子供がある程度大きくなっていればの話ですので夫婦二人の場合や子供が小さい場合には、ある程度の予測をする必要があるのが実情です。
以前は、子供が帰宅してリビングを通らないと二階の個室に入れないような作りが人気でしたが、最近では友達が来るたびにリビングも片付ける必要があるとして敬遠する家庭も増えています。
又、吹き抜けも解放感があって素敵ですが冬場に冷気が入ってくるのがネックとなっていて、熱効率を考えて採用されないケースが多いです。
家族の人数やライフスタイルに合ったものにするのがおすすめなので、これが一番とは断言できないのが実情です。
間取りは、後からでも変更できるようにしておくのがポイントです。
例えば、広めに作っておいて仕切りが必要になった時に壁を作ったりすると良いでしょう。
あまり仕切りすぎても窮屈に感じますが、プライバシーの確保ができますので、これも話し合いできめるのがおすすめです。

間取りに関する情報サイト

間取り プラン

新着情報

◎2020/9/8

家具の設置も具体的に考える
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

家事がしやすい間取り
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「間取り 参考」
に関連するツイート
Twitter