家事がしやすい間取り

家事がしやすい間取り

家事がしやすい間取り 掃除や洗濯、料理などを効率よく行うには、それらの作業に伴う動きをできるだけ少なく、スムーズになるようにすることが大切です。
家事を行う際に人が動く動きをたどったものを動線と呼びますが、作業がしやすい間取りとはすなわちその動線を短く、シンプルにすることなのです。
たとえば朝の食事作りや後片付けと洗濯を同時に行う場合、キッチンと洗濯機が置かれている洗面所、洗濯物を干すベランダが離れていると、場所の移動に余計な時間をとられてしまいます。
一つ一つの作業を別々に行う場合であってもそれぞれの場所が離れていると移動に時間がかかるのですから、同時に行うとなると家事のしやすさや効率に大きな違いが出てきます。
そしてもう一つ大切なことは自分の作業スタイルを確認しておくことです。
朝食事の準備をしながら洗濯を行うのと、夜寝る前に洗濯を行うのでは動線が異なり、それによって間取りを考え、キッチンと洗面所の配置も変わってくる可能性が出てくるのです。

間取りはスペースの有効活用で決めるのがポイント

間取りはスペースの有効活用で決めるのがポイント 住宅を新築する際、決められた広さの中で間取りを考える作業は楽しい反面、色々なことを考えすぎてよくわからなくなることがあります。
限られたスペースを有効活用しつつ、ゆったりくつろぐことができるスペースを確保しながら暮らせる間取りが必要です。

そのためには、毎日の暮らしの中でどの部屋にいることが一番多いか、ということを考えると自然とプランが浮かびます。
料理が好きでキッチンにいることが多いならそのエリアを充実させるのが良いですし、収納もたっぷりと取ったほうが良いでしょう。

家族みんなで食事をする時間が長いなら、ダイニングに大きなテーブルを置くことができるような場所を確保するのがお勧めです。
これは、すべての人に当てはまるものではなくて、一つ一つの家庭ごとにそのプランニングは異なります。
ヒアリングを細かくしてもらうことが必要ですので、ハウスメーカーの営業や建築士などと話し合って最適な提案をしてもらうのがおすすめです。

新着情報

◎2020/9/8

家具の設置も具体的に考える
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

家事がしやすい間取り
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「間取り 家事」
に関連するツイート
Twitter