おすすめの間取りをご紹介します!

間取りの工夫ポイント

間取りの工夫ポイント 間取りというのは、暮らしやすさなどを左右するうえで大切なポイントの1つです。
部屋の区切り方などが変わることで、適したライフスタイルにも変化があります。
そこで注文住宅を検討しているのであれば、間取りを工夫して家族に合った暮らし方を検討するのも1つの手です。
家族に合った暮らし方をするために、まずはどのような生活をしたいのか考えてみましょう。
例えば家族でリビングに集まる時間を長く確保したいという方も多くいます。
そのような場合には、リビングが広めの間取りにするのも1つの手です。
一方で家族でも個々の時間を大切にしたいというケースも見られます。
個々の時間を大切にしたいなら、リビングのスペースを狭くして、その分個室を広くすることも可能です。
間取りは工夫次第で、さまざまなライフスタイルを演出する力を持っています。
具体的にどのような形に変えられるのか把握したうえで、理想の暮らしについて考えて決めることが大切です。

静かな生活環境実現の為に求める場所と間取り

静かな生活環境実現の為に求める場所と間取り 引っ越しの際、どのような場所・間取りを求めるかは十人十色人それぞれですが、できるだけ静かな生活環境を実現したいと考える方は多いはずです。
静けかさを求める場合、一般的には大通りや繁華街に面してない等の住居の立地をまず考えることかと思います。
しかしそれだけでは不十分で、間取りをに関して十分に考慮することが不可欠です。
例えばマンションであれば、同じ敷地内でも通り側に面している部屋とその反対側の部屋では、外から入ってくる騒音レベルには大きな差が生じますので、大通りや繁華街に面するマンションの場合は、それらに対してどちら側にある住居なのかを意識すると良いでしょう。
また騒音は外から発生するものと限ったわけではなく同居人の生活音が気になる方も中にはいるでしょうし、特に同居人との生活パターンが異なる場合は、寝室がリビングと直結しているような間取りは避けるべきで、そこを考慮することにより騒音を気にする側だけではなく、生活音を出してしまう側も気を使う度合いを下げることができるので、必ず意識するようにしましょう。

新着情報

◎2020/9/8

家具の設置も具体的に考える
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

家事がしやすい間取り
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「間取り 工夫」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@u_inoue_m_a そうかも! WICが二つあるのも使い勝手の工夫なのかな。しかし戸建て×定期借家ではなない×築20年未満の築浅×オーダーメイド色の強い投資用物件とは思えない間取りの物件を見つけると、嬉しい反面、「オーナーの人生に一体何があったんだろう」ってドキドキしてしまう…(資産家の可能性もあるけど…)。

理想の住まいづくりを応援するHOUSING by suumo 12月号さんの特集「テレワークする間取りの正解」でTDMテレワーク実行委員会としてコメントさせていただきました。コロナ禍でテレワークが一気に普及していますが間取りや住宅設備の工夫を通じて無理のないテレワークの普及啓発も図っていきたいです。 pic.twitter.com/JqyEKbdic9

返信先:@RawheaD もちろん、俺が言ってるのも、このフォルムはスペース上の制約から生まれた工夫が起源で、後々に様式美になった可能性を否定はしないけど、日本の基本的な土地事情を考えると今でも「この土地にこの間取りですか…すると廊下が要りますね…」となる可能性に期待?してるw

狭小の木造3階建て。1階は耐力壁が出来るだけと取れるように、玄関入り口を工夫しています。玄関に帰宅時の手洗い用に小さい手洗い器。リモートワークの書斎を小さいながらも作りました。2階は生活の中心、LDKに水周り楽に使いやすい間取り。3階は子供部屋二つとバルコニー。 pic.twitter.com/qqoyNbN9tm

Twitter職人の技を生かす建築士:寺澤秀忠@syotaku

返信 リツイート 10/25(日) 21:22

我が家は間取り3DKのよくある賃貸マンション。家賃は9万円。 そこに3児と1匹わんこと夫婦で住んでいます🦉 たまに驚かれるけど、工夫しながら快適に住めています。ゆくゆくは引越しますが、今は子どもが小さい分、こじんまりとした我が家はいろいろ便利なことが多いです😌

Twitterナンタロ |『工夫』の人@85tencom

返信 リツイート 10/24(土) 15:04

返信先:@s335081他2人 おお!隅々まで見てしまいました(間取り図大好き🤣)家族が多いなら収納に工夫が必要そうですね。でもリビングの吹き抜けが開放感ありそうで素敵です🍃

夢のマイホーム。間取りや水回り、収納など工夫したいところはたくさんありますよね。しかし、侵入窃盗の発生場所として最も多いのは「一戸建て住宅」。新築戸建てにおすすめの防犯対策を、方法や注意点を含め窓や出入り口など場所別にご紹介します。 alsok.co.jp/person/recomme…

依頼者への提案は一般的な間取りや部屋の広さ、部屋数を若干独特のアレンジを加えて提案します。工夫をすることで気が付くことが増えてきます。せっかく建てる家の本当に大切なものを見失わないように提案しています。

Twitter職人の技を生かす建築士:寺澤秀忠@syotaku

返信 リツイート 10/23(金) 7:20

間取り設備の工夫 随所のアイデアが光る 流石の仕様です! 可動式レールコンセントも! 住まわれる人は いい暮らしができそうですね☺️

Twitter野中周二 Shuji Nonaka メタ思考ブランドMKTG不動産事業家@NonakaShuji

返信 リツイート 10/22(木) 21:09

返信先:@iratsukimax →不動産は結局の所は立地と環境だと思います。木造住宅でも壁を撤去するようなリフォームは耐震上おすすめしませんが、設備のグレードアップや内装(クロスの張替えとか)はそれほど難しくはないので、そこはあまり重視しなくてOK、間取りは大事ですが収納については工夫できることもあると思います→

Twitterぐでちちwith7y♀2y♀@gude_chichi

返信 リツイート 10/22(木) 19:50